スポンサーリンク
天国の扉

セフレの彼は幼なじみ22

 気持ちよさそうにうめきながら、陸翔が言った。

「我慢できないから、動くぞ」

 そう言って、動きを開始する陸翔。

 菜那美の背後に回した手も使い、シンボルを果肉にこすり付けていく。

 菜那美もまた、陸翔の腰に巻きつけた脚を愛おしげに引き寄せた。

 そして、ジャンプするような動きで、シンボルを果肉でマッサージしていく。

 菜那美の口からは悦びのあえぎが止め処なく漏れていた。

「あんっ……ああっ……あん……んんっ……」

 自分は彼女ではなくセフレだということへの、寂しさをも一緒にぶつけるように、腰を擦り付けていく菜那美。

 菜那美の脳裏には、陸翔をいつか失ってしまうのではないかという怖さもあった。

 そして、そうなってしまっては、自分は耐え切れないと菜那美自身分かっている。

 菜那美はそうした悲しい考えを断ち切ろうとするかのごとく、全身全霊でもって、腰を振り続けていた。

 陸翔のたくましい背中に両手を回し、抱き寄せながら。

 二人の結合部からは、絶え間なく音が漏れ出ていた。

 そんな音は、冷静に思えば恥ずかしいはずなのに、なぜか嬉しい気持ちになる菜那美。

 陸翔と激しい音を立てて交わっていることを証明する音だからなのかも知れなかった。

 菜那美は「好き」「愛してる」と心の中で叫び続ける。

 実際に口に出すことはできないので、思い切って名前だけ叫ぶように呼んだ。

「ああんっ……あんっ……陸翔っ!」

「菜那美……気持ちいいんだな! 中がキュッと締まってるぞ! もうすぐ出そうだ」

「出していいよっ! いっぱい奥にぃっ! あああんっ!」

 嬌声を抑えきれない菜那美。

 ぬめぬめと照り光るシンボルが、菜那美の中で暴れまわっていた。

 二人がぶつかる瞬間には、子宮を思いっきり突き上げるシンボル。

 深く貫かれ、硬いシンボルに子宮を押しつぶされそうに感じる菜那美の悦びは果てしなかった。

 陸翔は時折、菜那美の唇にキスもしていく。

 菜那美もそれに応じ、再び二人の舌と唇が絡み合っていった。

 キスしながら、菜那美の後頭部に手を添える陸翔。

 そんなことも、菜那美の胸をときめかせていた。

 まるで、頭をなでられているように感じる菜那美。

 陸翔はまた、菜那美のバストにも手を触れる。

 乳頭の宝石を、大切そうに優しくいじっていく陸翔。

 敏感な部分をいじられるたび、菜那美の全身を快感の波が打ちつけていく。

 菜那美のあえぎ声が大きくなるとともに、果肉が激しくシンボルを食い締めた。

 お互いの陰毛も激しくこすれ合い、触れ合っていく、激しい交合が続いていく。

 シンボルがズンズンと強烈な突き上げを繰り返し、菜那美に底知れぬ快感を与え続けていた。

 強くかき回された果肉が、キュウキュウとシンボルを締め上げる。

 菜那美の敏感な豆もまた、陸翔の身体にこすり上げられ、感度を増していく。

 そのたびに、シンボルを包む果肉が、ますます激烈な収縮をみせている。

 ばちゅばちゅと激しい音でぶつかり合う二人の限界は、すぐそこまで来ていた。

 陸翔が焦ったような声で言う。

「気持ちいいぞ、菜那美! ダメだ、もう出る!」

「いいよっ……中で出して! 私も、もう……! ああんっ!」

 すでに二人は、全力で身体を動かしていた。

 全裸でぴったり正面から抱き合いながら、結合部を目いっぱいこすり上げる二人。

 立てる音も、菜那美の声も、ボリュームが上がっていく。

 そして―――。

「ああああああんっ!! 突き抜けちゃうっ!!」

 一瞬早くクライマックスの海に飛び込んだ菜那美が、絶叫した。

 シンボルを挟み込んだままの果肉が、峻烈なまでの収縮をみせる。

 次の瞬間、思いっきりシンボルを菜那美の奥まで打ち込む陸翔。

 そして陸翔がうめくと、先端から白い樹液が噴射され始めた。

 菜那美の一番深いところで、その白い欲望の塊を吐き出していく陸翔。

 クライマックスの悦楽に包まれ、二人はこの上ないほど、ぴったりと抱き合っていた。

 菜那美は両手両脚でグッと陸翔の身体を引き寄せている。

 そして自分の胎内で、シンボルが震えとともに、熱い樹液を吹き付けているのを、はっきりと感じていた。

「ああんっ!! すごいっ!! 陸翔のがビクンビクンって動いてるっ! ドクドクって出してるのが分かるっ! 気持ちいい!!」

 その感触を正直に伝える菜那美。

 愛しい陸翔が自分の中で欲望を吐き出していくのをしっかり下腹部で感じ、菜那美はとろけるような陶酔感にうっとりと目を細めた。

 放出は今までで一番長く続き、菜那美の果肉を急速に白く染め上げていく。

 果肉もまた、収縮を続け、その熱くて白い液をおねだりするかのように、シンボルを締め付けていった。

 夢見心地の菜那美は、依然としてじわりじわりと下腹部に広がる熱い感触に、幸福感が止まらない。

 シンボルと果肉を組み合わせたまま、二人はしばしの間、きつくきつく抱きしめあっていた。