スポンサーリンク
天国の扉

セフレの彼は幼なじみ16

 仰向けに寝転ぶ陸翔の脚の方へ移動した菜那美は、黙ってコンドームに覆われたシンボルを眺めた。

 最大限まで怒張したシンボルは、ピンと天井を向いてそびえ立っている。

 自分を触ってくれたことで興奮し、こんな風になってもらえたと思うと、菜那美は胸のときめきが抑え切れなかった。

 しかし、自身にも興奮がさざなみのように押し寄せてきているので、あまりじっとしていることは不可能だった菜那美。

 すぐに陸翔の腰をまたぐ位置に移動し、シンボルの真上に花裂をもってきた。

 陸翔は輝く双眼を、菜那美の美しい花裂へと向けている。

 菜那美は黙ってそのまま腰を落として、しゃがんでいく。

 そして、シンボル先端が花唇とキスしたところで、いったん動きを止めた。

 位置を調節するためだ。

 待ちきれない様子のシンボルは、ピクピクと小刻みに動いていた。

 位置を見つけると、おもむろに腰を落としていく菜那美。

 悦びの声をあげながら。

「あん……陸翔のが……ゆっくり入ってくるっ!」

 シンボルは少しずつ菜那美の中に飲み込まれていき、ついには大部分が見えなくなった。

「ああんっ! 全部入ったぁ……!」

 菜那美がそう言うとほぼ同時に、陸翔も気持ちよさそうにうめく。

 それから、どちらからともなく、二人は腰を動かし始めた。

 愛しい陸翔のシンボルで貫かれながら、愛を込めて腰を振りたくる菜那美。

 二人のこすれ合う音が、結合部から漏れていた。

 菜那美の果肉は大量の花蜜を滲ませ、悦びの収縮を続けていく。

 シンボル先端は、二人の動きに合わせて、リズミカルに菜那美の奥底を突き、菜那美を感じさせた。

「あんっ……深ぁい……奥に当たって……ああんっ……すごい」

「気持ちいいぞ、菜那美」

 陸翔は菜那美のバストへと両手を伸ばすと、強弱をつけて揉み始めた。

 バストへの甘美な刺激も受け、菜那美の感じる快感は底なし沼のように深い。

 菜那美の乳頭先端にある宝石も、つまんでこすっていく陸翔。

 こするたびに、シンボルを挟んでいる果肉が鋭い収縮をみせ、菜那美が激しく感じていることを陸翔に知らせていた。

 陸翔もまた、その締め付けに峻烈なまでの快感を感じ、シンボルを最大限まで硬くしている。

 二人の陰毛までもが強くこすれ合うほどの、激しい行為が続いていった。

 必死で腰を振りたてる菜那美と、下からズンズンと突き上げていく陸翔。

 二人の繋がった部分は、激しく絡み合っていた。

 なおも、腰の動きを速めていく二人。

「あんっ……んっ……ああんっ……イっちゃう!」

 差し迫るクライマックスを感じ、大きな声をあげる菜那美。

 最愛の陸翔に貫かれていることに、とてつもなく大きな幸福感に包まれながら。

 陸翔もまた限界寸前だったらしく、直後に叫んだ。

「うっ、俺も! 出すぞ!」

「私も! ああああああっ!!」

 絶叫とともに、陸翔のシンボルを噛み締めたまま果てる菜那美。

 強烈なクライマックスの波が、菜那美を包み込んだ。

 両胸を陸翔の手に掴まれたまま、菜那美は大きく後ろにのけぞる。

 果肉はこの上ない収縮で、シンボルを絞っていった。

 そして、陸翔もうめきとともにクライマックスへと飛び込む。

 胎内に挿し込まれたシンボルが、激しく蠢動するのを、菜那美ははっきりと感じていた。

 装着したゴムの中へ、白い樹液を発射していく陸翔。

 二人は繋がったまま、大きく身体を震わせていた。