スポンサーリンク
天国の扉

セフレの彼は幼なじみ7

「あ……だいぶ、痛くなくなってきた……のかも」

 つかみどころのない表情で菜那美が言う。

「ホントか? じゃあ、奥まで押し込むぞ」

 陸翔はずっと我慢していたので、菜那美の声を聞くや否や、腰を前進させる。

 ずぶぶぶ……。

「ああああんっ!!」

 シンボルが果肉を分け入ってくると、菜那美が大きな声をあげた。

「大丈夫かよ? うっ!!」

 心配そうに聞く陸翔だったが、そのうめきから、目くるめく快感を感じていることは明らかだ。

「うん……大丈夫……みたい。まだちょっと、異物感みたいな変な感覚があるけど……痛くはないかな……」

「よし、動くぞ。痛かったら言えよ」

 陸翔はそう言うと、ピストン運動を開始した。

 柔らかな果肉を、たくましいシンボルが押し入っていく。

 果肉からは感涙のごとき花蜜が漏れ出てきて、シンボルにもまとわりついた。

 その花蜜が潤滑油の役割を果たし、シンボルはスムーズに果肉の中を分け入っていく。

 すでに菜那美の痛みはすっかり引いており、そこにあるのは快感だけだった。

「ああんっ……ああんっ!」

「痛くないか、菜那美?」

「痛くない……気持ちいいよっ!」

 思ったままを口にする菜那美。

 痛みが引いたことにより、ずっと想い続けてきた陸翔と愛し合っているという現実を、菜那美は噛み締めることができていた。

 そのあまりの幸福感に、菜那美はうっとりと目を細める。

「俺も気持ちいいぞ……」

 陸翔の動きは徐々に力強さを増してきた。

 パンパンと音がするほどに。

 陸翔は時折目を瞑りつつ、シンボルを果肉の奥までぶつけていく。

「ああんっ……陸翔、のしかかってきて……あんっ……ギュッてしたい……」

「こうか?」

 正常位のまま、陸翔は前方へ身体を倒す。

 菜那美は、素早く陸翔の背中に手を回すと、愛を込めて抱き寄せた。

 陸翔の彼女のことなど、菜那美の頭からはすっかり消えている。

 今はただ、最愛の相手と激しく愛を交わす行為に、全神経を集中させてしまっていた。

 だが、それでも、心のどこかに、陸翔の彼女への気遣いが残されていたのか、「大好き」や「愛してる」などの言葉は、一言も発しない菜那美。

 心の中では叫んでいたのだが。

 陸翔と菜那美の顔は急接近しており、そのことも菜那美をドキドキさせる。

 キスしたい衝動を抑えるのに苦労していた。

 二人の結合部は依然として激しい音を立てている。

 すると突然、陸翔は焦った声で言った。

「や、やべぇ! 出そうだ!」

 慌てる陸翔だったが、菜那美は彼の身体を抱きしめたまま離さない。

「うわっ!」

 離してくれ、と菜那美に言う間もなく、陸翔の身体が大きく震えた。

 陸翔の身体が急にストップしたかと思うと、果肉の中でシンボルが打ち震えだすのを感じた菜那美。

 陸翔はたちまち、その白くて熱い樹液を菜那美の中へとビュクビュクと放出していた。

 お腹に広がる熱い感覚に、菜那美は驚く。

 だが、驚いたのはほんの一瞬で、すぐに事態を把握すると、えもいわれぬ幸福感が菜那美を包んだ。

 大切な陸翔が私の中で出してくれた、と気づき、胸が苦しいほどの喜びを感じる菜那美。

 ドクドクと陸翔のシンボルが樹液を吐き出していく感触を、菜那美はじっくり下腹部で味わっていた。

 陸翔もまた、相当な快感を感じているらしく、目をギュッと瞑って震えている。

 まもなく樹液の放出が止まったが、二人はしばし荒い呼吸の下、そのままの体勢で抱き合っていた。