スポンサーリンク
天国の扉

猫好き男子と大人な部長43(終)

 そして、裸のままベッドに入る二人。

 待ちきれない様子の修馬に、架恋が言った。

「向き合う体勢で……してくれないかな? 修馬君の顔を近くで見ながら、したい……」

「もちろん! じゃあ、来てくれ」

 そう言って座り込む修馬。

 その怒張しきったたくましいシンボルの上へ、架恋はゆっくり腰を落としていく。

 あっという間に、架恋の濡れそぼった花筒は、愛しい修馬のシンボルを奥深く受け入れていた。

 久々の性交ということで、架恋は早くも大きな悦びの声をあげる。

「ああああああっ!! 修馬君のが、奥まで入ったぁ……!」

 対面座位でしっかり繋がる二人。

 架恋のびしょびしょになった花筒は、シンボルを愛おしげに包み込み、収縮していく。

 一方のシンボルもまた、嬉しそうにビクビク動いていた。

 たちまち、架恋は激しい腰遣いを開始する。

 奥の奥まで突き刺さったシンボルを、こねまわすように花筒でマッサージしていく。

 しっかりと花筒でシンボルを食い締めながら、架恋はその感触を全身に刻み込もうとするかのように、愛を込めて腰を動かした。

 修馬もまた、シンボルを突き上げるように、腰を動かしていく。

 愛し合う二人の結合部からは、激しい音が漏れ出ていた。

「あんっ……あぁんっ! すごい……! 修馬君……好き……!」

 あえぎながら、修馬の身体に手を回して言う架恋。

 修馬はそっと架恋のバストや乳首を刺激しつつ、架恋の唇に自分の唇を重ねた。

 キスの合間に、修馬が答える。

「俺も……愛してるよ。本当に……今回はごめんな……。俺、もう架恋のことを離さないから……」

「あぁっ! んぁぁっ! 約束だよ……! あふぅぅっ!」

「もちろん! 一生、架恋だけを愛してるから! もう二度と悲しませない! 誓うから!」

「あぁぁっ!! あぁんっ!! 修馬君……愛してるっ!!」

 子宮を強烈に突き上げてくるシンボルの動きにも、その言葉にも、架恋は修馬の愛をはっきりと感じていた。

 そのお返しをするように、花筒で思いっきりシンボルをこすり上げる架恋。

 久しぶりの性交ということもあって、二人は早くも限界寸前まで高まっていた。

 シンボルと花筒が、大きな音を立てて絡み合い、ぶつかり合っていく。

 その激しい突き上げに、息も絶え絶えの様子で架恋が叫んだ。

「あああんっ!! ダメ!! イっちゃう!!」

「俺も……もう出る!」

「出して……! 修馬君の熱いの、いっぱい中に!! あぁぁんっ!!」

 今日こんなことになるとは全く予想していなかったため、架恋はピルを飲んでいなかったが、それでもそう叫んだ。

 クライマックスの瞬間を、二人しっかり繋がったまま味わいたいという思いで、架恋はいっぱいだった。

 修馬はというと、そこまで冷静に考えられる状態ではなかったので、何も考えぬまま、シンボルを架恋の奥に叩きつけることだけに集中している。

 激しい音を立てて、ぶつかり合いながら、二人は同時に果てた。

「ああああああっ!!」

 シンボルをしっかり果肉に挟み込んだまま、架恋が後ろにのけぞって絶叫した。

 目くるめく快感の電撃が、架恋の総身を駆け巡っていく。

 シンボルを包み込む花筒は、凄絶なまでの収縮を繰り返していった。

 それと同時に、架恋の子宮まで届いているシンボル先端が、熱くて白い樹液を大量に吐き出し始める。

 修馬のシンボルはドクドクと脈打ちながら、愛する架恋の胎内を樹液で満たしていった。

 下腹部に広がる熱い感触を、言葉で伝える架恋。

「あぁっ! 修馬君の熱いの……私の中で出てる! 出してもらえて嬉しい!」

 たっぷりと樹液を出し続けたシンボルは、ようやくその動きを緩め始める。

 花筒の中へ、溢れんばかりの樹液を発射してから、シンボルは大人しくなった。

 しかし、あまりにも快感が大きすぎるためか、そのまましばらくじっとしている二人。

 ぴったり繋がる二人の性器は、深く熱く絡み合っていた。

「あぁん……修馬君、すごかった……。私の中、いっぱいだよ……」

 依然として対面座位の体勢で繋がったまま、架恋は幸せそうに呟く。

「架恋……愛してるよ……。架恋の中に、俺の熱いのをぶちまけてしまったね。架恋、ピルは飲んだ?」

「飲んでないけど……今日はどうしても、繋がったまま離れたくなくて……」

「俺も同じ気持ちだ……。もし子供を授かったら、責任取るから」

 そう言うと、架恋の髪を優しく撫で、再びキスをする修馬。

 まだ花筒にしっかりと突き刺さっているシンボルの感触を愛おしげに噛み締めながら、架恋も濃厚なキスを返した。

 唇が離れると、修馬が言葉を続ける。

「もう二度と……軽率な行為はしないから……。今回は本当にごめんな……。そして……許してくれてありがとう」

「ううん、私こそ……素直になれなくて……ずっと怒ったり突っぱねたりしてて、ごめんね」

「架恋が怒るのは当然のことだから……。俺、ずっと怖かった……。架恋を失ってしまいそうで……」

 うつむく修馬を、思いっきり抱きしめる架恋。

「もういいの……。悲しんでる修馬君を見るのは、もうつらいから……。私なんかを愛してくれて……ありがとうね」

「それはこっちのセリフだってば。もう絶対、架恋を離さないから……!」

 二人はまたも、強く強く抱きしめあった。

 花筒の中で、シンボルはビクビク動き、息を吹き返しつつあるようだ。

 架恋はその感触にすら愛おしさを感じながら、修馬との熱烈な抱擁に幸せを膨らませていた。

 しばらくして、相変わらずその体勢のまま、修馬が呟いた。

「また、新しいペアリングを作りに行こう……。もう二度と、捨てさせるようなことはしないから」

「え? 私……あのリングを捨ててないよ」

「え?」

 修馬は、「捨てられた」と思い込んでいたようだった。

 架恋は少しはにかみながら言う。

「どうしても、捨てられなくて……。もう一生捨てないからね……」

「架恋……!」

 修馬は想いが抑えきれない様子で、架恋の唇に何度も何度もキスをした。

 その後、またしばらくしてから、修馬が呟く。

「ポップにもお礼を言わないとな……。今日、ああして二人並んでポップを撫でてたら……俺たちが初めて二人っきりで会話をしたあの雨の日のことを思い出して、泣きそうになったよ。それで、勇気が出た。どうしても、架恋をすぐに抱きしめたくなって」

「私たちを近づけてくれたのも、ポップだったんだよね。今度、おいしいおやつでもあげよっか。あ……飼い猫だから、怒られるかな」

「ははは、たしかに。まぁでも、一回くらいはいいんじゃないかな。ポップが喜ぶ顔をもっと見たいし」

 ポップを想像して嬉しそうに笑う修馬を見て、「本当に修馬君も猫好きだなぁ。私と同じ」と内心思う架恋。

 また恋情が高ぶってきた架恋は、猫好き男子の修馬の熱いキスを受けたくなって、静かに目を閉じた。

【完】