スポンサーリンク
天国の扉

猫好き男子と大人な部長15

「あああっ!」

 花筒の奥深くまで、シンボルがズブリとはまると、大きな声をあげる架恋。

 二人は対面座位の姿勢で、繋がりあっていた。

 愛しい修馬のシンボルの感触を花筒に感じ、架恋は幸福感に酔いしれている。

 硬くて熱いその感触を噛み締めるように、架恋は知らず知らずのうちに腰を動かし始めていた。

「架恋の中、この前よりもずっと気持ちいいよ。熱くてぬるぬるして、俺のに絡みついてきてる。やっぱり生でする方がずっといいな!」

「あぁん、私も前回より気持ちいいっ! 修馬君の硬くて熱いのが、私の中に入ってるの、はっきり分かる! 私の中に修馬君がいてくれてる! 修馬君のを直接感じられて……あんっ……嬉しい! あぁん……あんっ!」

 腰を振りたてて、シンボルをしっかり花筒で味わいながら、架恋は悦びの声をあげている。

 シンボルの根元を覆う茂みも、架恋の慎ましやかな茂みと絡み合い、触れ合っていた。

 いつしか、修馬も突き上げるように腰を動かしていた。

 悦楽に染まった架恋の表情を凝視しながら、修馬が言う。

 時折、快感からか言葉を途切れさせつつ。

「お互いの反応を見ながら……できるのはいいな。架恋が気持ち良さそうで……俺も嬉しい。俺ので、気持ちよくなってるんだな」

 架恋も閉じかけていた目を開け、修馬の顔をまっすぐ見て言葉を返す。

「あぁんっ! うんっ、修馬君に気持ちよくしてもらってるよっ!」

「俺も最高に気持ちいいよ。もっと動かすぞ」

 そう言うと、腰をさらに力強く動かす修馬。

 雄雄しいシンボルが、架恋の花筒を容赦なくかき回していった。

 前回の正常位での行為よりも、より深く突き刺さっている状態で、激しく動かれたため、架恋の受ける悦楽は計り知れないほどだ。

「ああぁぁっ!! 奥ぅ! ズンズン当たっちゃってる!」

 そんな架恋の様子を見るたび、幸せそうな表情をする修馬。

 結合部から激しい音を立てつつ、二人の交合は続いていた。

「修馬君っ! 好きっ!」

 架恋は顔を思いっきり修馬に近づける。

 次の瞬間、二人の唇は合わさった。

 どちらからともなく、舌まで絡めあう二人。

 激しく強く、シンボルと果肉をこすり合わせながら。

 濃厚なキスの間中、修馬の右手は架恋の後ろ頭を優しく撫でており、架恋も右手を修馬の頬に添えていた。

 修馬の愛をしっかりと感じ取り、架恋はどんどん陶酔感を深めていく。

 やがて二人は顔を離したが、目はとろんと細められたままだった。

 結合部は依然としてねっとりと絡み合い、激しくこすれ合っている。

 子宮孔をズンズン突かれるたび、架恋の唇から大きな嬌声が漏れ出た。

 すると、修馬は今度は、両手を使って、架恋の背中を撫でていく。

 優しく背中を撫で上げられるその感触に、ぞくぞくするほどの快感が架恋を襲った。

「ひゃうっ! あぁんっ!」

 架恋が声をあげるたび、シンボルを包む花筒がキュッキュッと鋭く反応する。

 さらに修馬は、右手で架恋のお尻を愛撫しつつ、左手でその柔らかなバストを刺激していった。

 両バストを、最初はゆっくり優しく揉んでいた修馬だったが、やがて手つきが大胆になり、乳首やその周囲をも刺激していく。

 既にピンと立ち上がっていた架恋の乳首は、感度が増しており、少し指でこすられただけで、身体が跳ねるほどの快感を架恋に与えた。

「ひゃぁっ! 気持ちいいっ!」

 その表情と言葉だけでなく、花筒の強烈な締め付けもまた、架恋の得ている凄絶なまでの性感を修馬に知らせていた。

 修馬のシンボルをくわえ込んだまま、花筒は大量の花蜜を吹きこぼしている。

 二人の腰の動きは、いっそう激しさを増していた。

 修馬は時々、架恋の唇や耳にキスしたり、首筋を舐めたり、口を使った愛撫も織り交ぜていく。

 硬いシンボルで奥を連続的に突かれ続けている架恋は、それだけでも絶大な快感を得ているのに、その上さらに胸や耳、唇、首筋、背中などへの愛撫まで受け、急速に高まっていった。

 迫り来るクライマックスを感じ取り、叫ぶように言う架恋。

「あひゃぁぁっ! もう……あん……ダメ……!」

「一緒にイこう、架恋!」

 ラストスパートとばかりに、架恋の乳首とお尻を手で愛撫しながら、修馬はその腰の動きを最大限まで速めた。

 怒張しきったシンボルを、思いっきり架恋の奥底に叩き込んでいく修馬。

 架恋はそのすさまじいまでの性感に、半ば飛び跳ねてしまう。

 そしてそのことにより、シンボルがますます勢い良く花筒の奥まで突き刺さることになり、一気にその瞬間が訪れた。

 シンボルを深く深く飲み込んだ状態で、動きを止めた架恋が大きな叫び声をあげる。

「きゃああああっ!!」

 シンボルをくわえ込んだまま、花筒が鋭い収縮を繰り返した。

 花蜜にまみれたシンボルもまた、野生的な脈動を始め、白くて熱い樹液を噴射していく。

 噴き上げられた樹液が、子宮や果肉を満たしていくのを、架恋ははっきりと感じていた。

「あぁっ! 熱いの、どくどく出て……る……! お腹の中に……」

 快感にぶるぶると総身を震わせながら、うっとりと目を細める架恋。

 愛しい修馬が吐き出す白濁した樹液を、直接胎内へ受け入れていく架恋は、幸福感でいっぱいだった。

 修馬もかすかに呻きながら、心地よさそうな表情をしている。

 シンボルからは大量の樹液が飛び出し、架恋の中を染め上げていった。

 やがて樹液の放出が止まったが、シンボルも花筒も、「お互いを離したくない」と言わんばかりにねっとりと絡み合ったままだ。

 恍惚の表情を浮かべた二人は、再度キスをすると、きつくきつく抱きしめ合った。

 対面座位の体勢で、しっかり繋がったまま。