スポンサーリンク
天国の扉

猫好き男子と大人な部長7

 やがて、修馬が上ずった声で言った。

「ありがとう……! 交代しよう。ベッドで仰向けになって」

 はちきれんばかりに怒張し、ピクピク動いているシンボルから顔と手を離すと、架恋は「うん」と答えて、指示通りに動いていく。

 言われたとおりに、修馬の枕に頭を預け、仰向けに寝転がる架恋。

 後から、修馬もベッドへと入ってきた。

 上向きにそそり立つシンボルを揺らしながら。

「架恋、脚を開いて」

 さすがに恥ずかしかった架恋だったが、言われたとおりに脚を大きく開いていく。

 バストだけでなく、これで秘所までも、修馬の目の前に晒されることとなった。

 慎ましやかに生える茂みの下に佇む花裂は、かすかに花蜜を吹きこぼしている。

「綺麗だよ、架恋」

 修馬はそう言うと、花裂に顔を近づけていった。

 花唇を舐めていく修馬。

 架恋の口からは悦びの呻きが漏れ出てきた。

「あ……あぁん……」

 修馬は時々、溢れる花蜜を舌ですくい取りながら、花唇への愛撫を続けていく。

 花蜜はとめどなく溢れ続けていた。

 いったん花裂から顔を離すと、今度は架恋のバストを、手と口を使って刺激していく修馬。

 とっくに膨らんでいた架恋の乳首を、指でつまんでこすったり、口で吸ったり、舌で舐めたりして愛撫していく。

 架恋の声はひっきりなしに漏れていた。

「あぁっ……んぁっ……ん……あぁ……」

 架恋の乳首は、ピンと立っており、その興奮を修馬に伝えていた。

 修馬は再び、架恋の脚の間へと顔を戻すと、架恋の敏感な豆をソフトにタッチする。

 一気に、身体中に快感の電撃が走り、架恋は軽く飛び跳ねてしまった。

「ひゃああっ!」

 架恋の大きな声を聞いても、修馬はやめることなく、花裂を愛撫していく。

 敏感な豆への愛撫は、決してしつこくなく、時折優しく触れられる程度だったので、そのこともまた架恋を漸次(ぜんじ)高めていった。

 どうにかじっとしていようと努力する架恋だったが、どうしてもその腰の暴れを抑えることができない。

 震える声で、架恋が訴えた。

「ねぇ……修馬君。私、もう……」

 架恋の秘所から顔を離した修馬は、架恋の目を見て答えた。

「俺もさっきから待ちきれないほどだったよ。じゃあ、入れるね」

「うん……。お願い……」

 そこで、コンドームの封を開け、手早くシンボルに装着していく修馬。

 装着し終わると、修馬はたくましいシンボルに手を添え、おもむろに花唇へと近づけていった。

 そして、シンボル先端と花唇がキスを交わす。

 シンボルの方はゴムに包まれているとはいえ、お互いに濡れそぼっている、その敏感な部分同士が。

 シンボルのかすかな感触を、花唇に感じ取る架恋。

 数年来、彼氏が出来ていない架恋にとっては、久々の性交ということで、期待感も大きかった。

 思わず、「あ」と架恋は声をあげる。

 修馬の優しげな視線を受け、架恋は心密かに「こんな素敵な人が、自分なんかを好きになってくれるなんて。夢みたいだ」と思っていた。

 修馬の端正な顔は、架恋同様に上気している。

 修馬はシンボルで花唇を数回なぞってから、その先端をゆっくりと架恋の中へもぐりこませていった。

「ああ……あ……」

 硬いシンボルに花筒を分け入られ、架恋は小さく声をあげている。

 静かに花筒の中を進むシンボルは、やがて奥までしっかりとはめ込まれた。

 修馬の陰毛や睾丸が、架恋の股間に押し当てられるほど、シンボルと花筒はぴったりと組み合わされている。

 ゴム越しに僅かながら修馬のぬくもりを感じ、架恋の幸福感を高めていた。

「修馬君のが……奥まで入った……」

「架恋の中、気持ちいいよ。ゴム越しなのが、残念なくらい。我慢できないから、動くね」

 言うが早いか、修馬は腰を動かし始めていた。

 雄雄しいシンボルが、架恋の中をかき回していく。

 架恋は早くも、断続的に嬌声をあげていた。

「あぁっ……んんっ……あんっ……あぁんっ!」

 知らず知らずのうちに、修馬の動きに合わせて、僅かに腰を動かす架恋。

 その表情は悦楽に染まり、頬は紅潮していた。

 架恋と同じく、快感に顔を歪める修馬は、時々ちらちらと結合部に視線を這わせている。

 高速で出し入れしているシンボルが、架恋の中へと深く飲み込まれた瞬間、激しい音がすると共に、架恋の嬌声も大きくなっていた。

 その瞬間は、修馬のごわごわした黒い茂みが、架恋の美しい花裂を覆っている。

 徐々に修馬の動きは激しさを増し、動きにバリエーションも出てきていたことから、架恋は急速に高まっていった。

「あぁん! あぁ……気持ちいいっ!」

「俺も最高に気持ちいい……。架恋、愛してるよ。好きになってからは、ずっとこうしたかった」

「あぁぁっ! んんっ! 修馬君、ありがとう! 嬉しい……あぁっ!」

 修馬への愛しさがこみ上げてくる架恋。

 二人はどんどん高まり続け、迫り来るクライマックスを予感していた。

 パンパンと音を立てながら、シンボルを架恋の中へ打ち込んでいく修馬。

 こころなしか、シンボルの硬さや大きさが挿入開始時よりも上がっているように架恋には感じられていた。

 シンボルに連続で、しかも素早く、子宮を突かれる架恋は、もう目前までクライマックスが迫ってきていることを悟り、修馬に伝える。

「あひゃぁっ! あんっ! イっちゃいそう……!」

「俺も……もう出そうだ……」

 そう言うと、修馬は突然、架恋の敏感な豆を連続的に指で撫でさする。

 既に限界寸前だった架恋にとって、この行為は決定打となった。

 豆に触れられた途端、腰を大きく揺らしたかと思うと、架恋が叫ぶ。

「きゃああああああっ!!」

 強烈なクライマックスが架恋を飲み込んだ。

 快感に顔を歪めながら、総身をぶるぶると震わせる架恋。

 シンボルを深く挟み込んだまま、花筒が猛烈な収縮を開始した。

 それと同時に、シンボル先端から熱い樹液が噴き上げ、ゴムの中に出されていく。

 シンボルの脈動を果肉でしっかりと感じながら、架恋は至高の瞬間に酔いしれていた。

 やがてシンボルの蠢動がおさまると、修馬は身体を前方に倒し、架恋に上からのしかかるような体勢をとっていく。

 恍惚の表情を浮かべたまま、半ば無意識に、架恋は両腕と両脚を使い、修馬に強くしがみついた。

 再び二人の唇も重なっていく。

 二人はぴったりと身体を寄せ合いながら、しばし余韻に浸っていた。