スポンサーリンク
天国の扉

ちょいS部長の羞恥レッスン9

「よし、動かしてやろう」

 藤崎はそう言うと、前のめりになり、腰を動かし始める。

 それに伴い、璃子の果肉に挟まっているシンボルも動き出した。

 藤崎の動きは、たちまちのうちに速くなっていき、結合部から音が立てられていく。

 璃子の口からは、こらえきれぬ悦びの声が漏れ出てきた。

「あぁ……あぁぁっ。あんっ。あぁぁんっ!」

 悦楽のポイントを的確に探り当て、花筒をこすり上げていく硬いシンボルの感触に、酔いしれてしまう璃子。

 璃子は知らず知らずのうちに、言われずとも脚をさらに大きく開き、藤崎を歓迎してしまっていた。

 藤崎の方も相当な快感に襲われているらしく、整った顔をしきりに歪めている。

 腰の動きに変化をつけつつ、藤崎は素早く、そして勢いよく、シンボルを璃子に叩きつけていく。

 奥を突かれるたびに、璃子の口からひときわ大きな声が飛び出していた。

「あぁぁっ! あぁっ! あぁっ! ああっ!」

「気持ちいいか、璃子?」

「気持ち……いいです! あぁんっ!」

「よし、もっと気持ちよくしてやる」

 こんな状況下でも普段とさほど変わらぬ声色でそう言うと、藤崎は腰の激しい動きをそのままに、璃子のバストに手をかける。

 そして、揺れ動くその二つの乳房を両手で揉んだ後、乳首を指で転がし始めた。

 興奮のために大きさと硬さを増していた乳首を、藤崎の指で刺激されるたび、身体中が痺れてしまいそうなほど凄絶な快感の電流が璃子の全身を駆け巡っていく。

「ひゃぁっ! あぁぁん! だめぇっ!」

 数少ない過去の性交では、一度も絶頂を経験していなかったということもあり、あまりの快感に恐怖心に似た気持ちすら湧いてきて、璃子は思わず叫ぶ。

 だが、当然ながら藤崎が胸への刺激をやめてくれるはずもなく、それどころか、より重点的に敏感な乳首を責め始めた。

 完全に立ち上がり、感度を増している璃子の乳首を、つまんだり引っ張ったり指でリズミカルに押したりしていく藤崎。

 それと同時に、藤崎は腰をグリグリと璃子に押し付ける動きを強調していき、その敏感な豆にも強烈な刺激を加えていった。

 さらに、璃子が最も感じる花筒内のポイントを、藤崎はとっくに発見していたようで、そこを重点的に責めていく。

 高速で出し入れされる硬いシンボルに、そのポイントを連続して突かれ、璃子は急速に高まっていった。

 尿意を感じ始めた璃子は、焦って藤崎に伝える。

「あぁぁっ! すみません……! 何だか……お手洗いに行きたくなって……! あぁぁんっ!」

「潮なら好きなだけ吹けばいい」

 藤崎はそう言うだけで、全く動きをやめてくれる様子もない。

 たくましいシンボルが意地悪なほど、璃子の最も敏感なそのポイントを突き上げていく。

「いやぁっ! だめ! ホント出ちゃいます! あぁぁんっ!」

 璃子の訴えかけに全く耳を貸さない藤崎が、シンボルや指などによる責めを続けていく。

 とうとう我慢しきれなくなった璃子の秘所から、ピュッと透明な液体が噴き上げられた。

「あぁ……あぁぁ……。やだ……!」

 この事態に、璃子の羞恥と狼狽は極限まで達してしまっていたのは確かなのだが、璃子にとっては困ったことに、肉体の昂ぶりの方がそれに勝(まさ)っていた。

 ピュッピュッと、透明な液体を藤崎の身体に引っ掛けながらも、璃子の肉体はさらなる快感を求め疼き続ける。

 上司である藤崎のシンボルを愛おしげに食い締めながら、花筒は悦楽の花蜜によってしとどになっていた。

 迫り来るクライマックスの瞬間を予感し、身体をこわばらせる璃子。

 ここまで、散々恥ずかしい思いをしてきた璃子にとっても、藤崎のシンボルに突かれて絶頂を迎えるという最悪の恥辱だけは避けたかったのだ。

 だが、意志の力でどうこうできるものではなかった。

 乳首、敏感な豆、花筒を激しく刺激され、璃子の肉体はその至高の瞬間を待ち望んでしまっている。

 結合部から音と飛沫を撒き散らしながら、二人の交合は続き、そしてそのときが訪れた。

「あああぁぁっ!」

 花筒の奥深くを硬いシンボルで突かれながら、絶叫と共にクライマックスの海へと飛び込む璃子。

 シンボルをねっとりと包み込んだまま、花筒が鋭い収縮を繰り返していった。

 間もなく、シンボルの抽送がストップしたかと思うと、こちらも激しい蠢動を開始する。

 それと同時に、花筒の一番奥まで届いているシンボル先端から、白濁した樹液が噴射されていった。

 下腹部にじわじわ広がる熱い感触に、璃子ももちろん気づいてはいたが、絶頂の悦楽があまりにも大きすぎて、もはやそれどころではない。

 膣内射精は璃子にとって初の経験だったが、こうして性交によって絶頂に達することもまた、初めてのことだったからだ。

 事前に行われた剃毛などの羞恥プレイと、藤崎のテクニックにより、興奮を昂ぶらせられ続け、ついには絶頂へと導かれてしまった璃子。

 藤崎のシンボルに深く貫かれた状態で、璃子はこの恍惚の瞬間を心ゆくまで味わっていた。

 璃子の胎内に、樹液をたっぷりと注ぎ込んでから、やがてシンボルの脈動は弱まっていく。

 そしてようやく、その動きが止まると同時に、樹液射出も終わりを迎えたようだ。

 それでも、藤崎はしばらく動こうとしない。

 璃子の方もまた、シンボルの熱くて硬い感触を花筒で噛み締めるように味わいつつ、動けずにいた。

 かつて経験したことのないほど大きな快楽の余韻に浸りながら。