スポンサーリンク
天国の扉

怪しい媚薬の研究所32(莉央菜&宮元編3)

 あえぎ続ける莉央菜が、宮元を刺激する意図もあってか、再び呟く。

「あはぁんっ! 友矢君のオ〇ンチン最高! 一番気持ちいいところに、ゴリゴリ当たってる! すごぉいっ! もっとぉもっとぉ! あ……あぁぁんっ!」

「うぅ……これは長くもたないかも……」

 言いつつ、身体を前傾させる宮元。

 そして、顔と顔を近づけると、莉央菜の唇にキスをした。

 ちゅ……ぴちゃ……。

 音を立ててお互いの唇をむさぼり合う二人。

 莉央菜の手は宮元の頬と背中に回され、宮元の手も莉央菜の顔に触れていた。

 ちゅちゅ……ちゅく……。

 いつしか、二人の舌まで絡み合っていた。

 やがて、莉央菜の手が緩んだ隙に、キスを終えて顔を離す宮元。

 二人の唇を結ぶ、唾液の吊り橋が架かっていた。

 それすら美味しそうに吸い取り、莉央菜が言う。

「あぁんっ! オ〇ンチン、ゴリゴリ気持ちよすぎ! もうダメ……イきそう! あぁん……あぁ……! あはぁんっ!」

 宮元は再び、元の体勢に戻り、いっそう強く腰を振りたてる。

 ちゅっぷ! ぐっちゅ! ばっちゅん!

 二人の立てる音は高まる一方で、莉央菜の口からは終始、悦びの声が漏れていた。

 一方の宮元もまた、息が激しく荒れている。

 今度は宮元が言った。

「俺もダメだ、もう出る! 一緒にイこう、莉央菜!」

「うん! 一緒にイこ! あぁぁん! 子宮が疼いてる! お願い、出して! 中に出して! あぁん!」

「ああ、出してやる! 莉央菜の中にたっぷりと、俺の精液を!」

「あぁん、出して! 友矢君の精液、たっぷり私のオ〇ンコの奥に注ぎこんで! いっぱい出して、子宮を満たして! あぁん……あああんっ!」

「うっ! 出る!」

「あああああああああっ!!」

 次の瞬間、二人の腰の動きが急に緩まったかと思うと、宮元がさっきキスしたときのように身体を前に倒した。

 宮元が上からのしかかるような体勢だ。

 そして、二人に目くるめくクライマックスが訪れた。

 花筒がシンボルを食い締めたまま、猛烈な収縮を繰り返す。

 奥の奥までハマったシンボルが、子宮孔に先端をキスさせた状態で、煮えたぎる樹液を噴射していった。

 ビュクビュクと蠢動するシンボルから噴き出る白い樹液が、莉央菜の子宮壷や果肉を満たしていく。

 莉央菜が恍惚の表情で叫んだ。

「あああんっ! 友矢君の熱い精液が、深いところでドクドク出てる! ドクンドクンって脈打ちながら、私の中に出してるのが分かる! 最高に気持ちいいっ!」

 たっぷりと莉央菜の胎内を樹液で満たしてから、シンボルはその動きを弱め始めた。

 いつしか、莉央菜の両脚は、「だいしゅきホールド」の格好で、宮元の腰に巻きついている。

 まるで、「私のもの。離さない」とでも言わんばかりに。

 宮元の身体は、莉央菜の上からのしかかり、二人はぴったりと密着していた。

 やがて、樹液の噴出が止まると同時に、その動きを止めるシンボル。

 脚だけでなく、今度は両腕まで、宮元の背中に回して抱きつきながら莉央菜が言った。

「こんなエッチ、久しぶり……。あぁん……友矢君、すごいね……」

 宮元は莉央菜の唇に軽くキスしてから言葉を返した。

「こんなに気持ちよかったの、俺は初めてだ」

「あん……友矢君のオ〇ンチン、すごくいい! 友矢君と何度もしちゃったら……このオ〇ンチンでしか満足できなくなっちゃいそう」

 宮元は再び莉央菜にキスをし、髪を優しくなでて言う。

「2回戦で、実際にそうさせてやるよ。俺でしか満足できない身体に」

 莉央菜は一瞬、驚きから目を大きく見開いたが、すぐに嬉しそうな笑みを浮かべて言った。

「友矢君って、意外と『俺についてこい』みたいなタイプなのね。普段あんなに、私に対して敬語を使ったり、恐縮したり、びくびくしたりしてるくせに……実はこんなに、たくましくて堂々としてるなんて……。お酒をいっぱい飲んだときですら、こんなことなかったじゃない。セックスのときだけ、人が変わるタイプ?」

 宮元は苦笑すると、若干焦ったような様子で答える。

「そ、そりゃ、普段はしょうがないでしょうが。俺の方が少しだけ早く生まれてるはずだけど、それでも、研究所での立場ってものがあるから。普段は、莉央菜にこき使われてる分、こういうときくらいはリードさせてよ」

「あ、もう~、なんて人聞きの悪い! 私がいつ、友矢君をこき使った? そのセリフ、鈴木や田中が言うなら、何も言い返せないけど」

 面白そうに笑う莉央菜。

 依然として、両腕と両脚でしっかりと宮元の身体に抱きつき、ぴったりと密着したまま。

 莉央菜の果肉に挟まれているシンボルが、知らず知らずのうちに、再び息を吹き返していた。