スポンサーリンク
天国の扉

怪しい媚薬の研究所31(莉央菜&宮元編2)

 素早く、嬉々とした様子で、指示に従う宮元。

 莉央菜は、宮元のシンボル目がけて、這い寄っていった。

 そして、莉央菜は宮元の顔を跨ぐ。

 莉央菜は慣れた手つきでシンボルに手を添えると、花裂を宮元の顔に押し付けた。

 莉央菜は、すでにカチカチに怒張したシンボルを手で何度かしごいた後、先端に軽くキスしてから、口を大きく開き、シンボルを頬張り始める。

 宮元は、莉央菜の花裂をペロペロと舐め始めた。

 早速、声をあげる莉央菜。

「あぁぁんっ! 友矢君、上手ね……。もっとお願い」

 美人の上司が自分の前で初めてあげた「夜の声」に、宮元はすっかりえびす顔だ。

 それにまた、莉央菜の口での奉仕がかなり上手く、宮元は時折顔を歪めるほどの快感を感じているようだった。

 莉央菜は唇と舌を巧みに使い、シンボルをマッサージしてゆく。

 それと同時に、右手で宮元の睾丸を優しく掴んだり揺らしたりし、そちらにも刺激を与えていった。

 豪快にシンボルを口に出し入れする莉央菜。

 宮元は時々「ううっ」とうめくほど、大きな快感の真っ只中に放り出されていた。

 一方の宮元も負けじと、莉央菜の花裂を舐めていく。

 それだけではなく、鼻を使って、莉央菜の敏感な豆をも刺激していった。

 莉央菜がいったんシンボルから口を離すと、ひときわ大きくあえいだ。

「あはぁぁんっ! クリ……いいっ!」

 宮元は「まだまだ」とばかりに、手で莉央菜の豆の皮を剥(む)くと、露出して感度が上がったそこに鼻をこすりつけながら、花唇への舌での奉仕を続けた。

 莉央菜がますます大きな声をあげる。

「ひゃああっ! ああぁん、ダメ……それだけで、イっちゃいそうだから、ちょっとストップ!」

 そう言った直後、再びシンボルを頬張り、情欲に目を鈍く光らせながら、マッサージを再開する莉央菜。

 シンボルもまたビクンビクンと反応し、大きな悦びを感じていることを示していた。

 ちゅくっ……ぴちゃっ……くちゅちゅ……。

 淫らな音が、静まり返った実験室に響く。

 やがて、シンボルからまた口を離して、莉央菜が言った。

「あぁぁんっ! もう、いいよね?」

「うん」

 即答する宮元。

 莉央菜と宮元は、黙って体勢を素早く入れ替える。

 今度は、莉央菜が仰向けに寝転がる番だ。

 膝を立て、宮元に向かって脚を開く莉央菜。

 お互いの準備も万端ということで、宮元は物も言わずに、その最大限まで勃起したシンボルを手で掴むと、莉央菜の入り口に近づけた。

 そこですぐには挿入せず、何度かシンボル先端で花唇をなぞる宮元。

 莉央菜がたまりかねて言った。

「あぁん、早くぅ! じらさないで!」

「我慢できない様子だね、莉央菜。俺も一緒で、限界に近いけど」

 宮元は少し意地悪そうな笑みを浮かべている。

 莉央菜のことを呼び捨てにするのも、莉央菜に対して敬語を使わずに話しかけるのも、莉央菜の前で一人称を「俺」にするのも、宮元にとっては全て初めてのことだった。

 もしかしたら、そのことも、宮元の喜びを増幅させていたのかもしれない。

 莉央菜は待ちきれぬ様子で、腰をくねらせて言った。

「早く、早くぅ! 友矢のその硬くて太いオ〇ンチンを、私のオ〇ンコに突き刺してっ! 早く欲しいっ!」

「ぐっ! ホントはもうちょっと焦(じ)らすつもりでいたのに、そんなこと言われたら……。我慢できないから、今すぐ入れるよ、莉央菜!」

 言うが早いが、宮元はシンボルの角度を調節してから、莉央菜の中へ一気に突き入れた。

 既に花蜜を垂れこぼすほどに興奮していた莉央菜にとって、待ちに待った瞬間だ。

 一気に最奥部まで挿し込まれる、宮元の硬くて太いシンボル。

 莉央菜は大きな声をあげた。

「ああぁっ! 一気に入ったっ!」

「うぅ……! 莉央菜の中、気持ちいいよ!」

 二人はすぐさま、腰を動かし始める。

 シンボルと果肉を思いっきりこすり合わせながら、淫らな音を立てていった。

 莉央菜が叫ぶ。

「あんっ! いきなり動きが激しい!」

 莉央菜の言うとおり、宮元の動きは最初から力強かった。

 花筒の感触を味わいつつ、全力で奥までシンボルを叩きつける宮元。

 宮元の陰毛や睾丸まで、莉央菜の股間に激しくぶち当たっていた。

 経験豊富なはずの莉央菜が、大きな嬌声を実験室に響かせていく。

「あぁんっ! 友矢君のオ〇ンチン……今まで経験した中で、一番硬くて太い……! あんっ! あぁんっ! すごいっ!」

「莉央菜のオ〇ンコもすごいよ! 俺のを強く締め付けてて……しかも深い!」

「はぁんっ! 気持ちいいっ! もっとぉ!」

 普段の宮元なら、腰の動きに変化をつけたり、相手の胸などをいじったり、色々と趣向を凝らすところなのだが、今はそんな余裕もないらしい。

 莉央菜の花筒を味わいつくそう、とそればかり考えているようだ。

 たくましくいきり立つシンボルを、素早く、そして力強く出し入れしていく。

 ちゅくく……じゅぶ……ばちゅん!

 結合部はひっきりなしに淫らな音を立て続けた。