スポンサーリンク
天国の扉

セフレの彼は幼なじみ37

 この日は正常位の体勢で交わることにした二人。

 菜那美は陸翔のために、大きく脚を開いている。

 その脚の間に陣取る陸翔が、最大限に怒張したシンボルを掴み、菜那美の秘所にあてがいながら言った。

「じゃあ、入れるぞ!」

「うん! 陸翔……来て!」

 軽く腰を浮かせ、迎え入れる体勢を整えながら菜那美が言った。

 菜那美はもはや期待感で、そわそわしている状態だ。

 陸翔は何度かシンボル先端で花裂をなぞった後、静かに中へと打ち沈めていった。

「あああん……! 陸翔のが……入ってくるっ!」

 悦びの声をあげる菜那美。

 愛しい陸翔のシンボルがゆっくりと分け入ってくるのを、果肉でしっかりと感じ取りながら、菜那美は快感に身を震わせた。

 繰り返し「ああ」と、か細い声をあげながら。

 先端が子宮に到達するほど、奥深くまでしっかりとシンボルが打ち込まれると、陸翔は顔をしかめた。

 当然ながら、苦痛からではなく、目くるめく快感を感じてのことだろう。

 一方の菜那美もまた、陸翔の雄雄しいシンボルの感触を果肉を通じて感じ、身体中が痺れるほどの悦楽を享受していた。

 より深い快感を求め、どちらからともなく、激しい動きを開始する二人。

 シンボルの素早い抽送で、菜那美の果肉はめちゃくちゃにかき回されていった。

「ああんっ……激しいっ! 陸翔のが、私の中で暴れてる!」

 陸翔のために感触を言葉で伝える菜那美。

 自分が気持ちよくなっていることを、どうしても伝えたいのだった。

 陸翔もまた、時折うめきながら、菜那美に言葉をかける。

「菜那美の中、気持ちいいぞ。温かくて、ぬるぬるしてるのに……キュッキュッと締め付けてくる! 胸も触るぞ、菜那美!」

 言うが早いが、菜那美のバストに手を伸ばす陸翔。

 両手でその丸くて柔らかな膨らみを縦横無尽に揉みしだき、菜那美に法悦を味あわせた。

 また、指で器用に、乳頭をも揉みほぐしていく陸翔。

 菜那美の乳頭の宝石は、つままれ、こすられていくうちに硬くなっていった。

 その大きさも平常時とは比較にならないほど大きくなっている。

「ああんっ……! 胸も気持ちいいっ! 陸翔ぉっ!」

 思わず陸翔の名を呼ぶ菜那美。

 二人の結合部は激しい音と飛沫を散らし、こすれあっていた。

 果肉はシンボルに喜んで吸い付き、強烈に締め付けていく。

 また、シンボルがズンと奥を突き、子宮をノックする瞬間には、菜那美は全身を飛び上がらせるほどの反応を見せた。

「奥ぅ! ズンズン来てるっ! 陸翔すごいっ! 子宮にキスされてるみたい!」

「もっと突きまくるぞ!」

 陸翔はさらに動きを速めていくと同時に、腰の動きに工夫をつけ始める。

 斜めに動かしたり、円運動を強調したりし、時に緩急をつけつつ菜那美の中をかき乱していく。

 菜那美は快感のため大声であえぎながら、唐突に尿意のような感覚を覚え始めた。

 焦りながら陸翔に伝える菜那美。

「あんっ……何だろう……? おしっこかな……やだぁっ! ……ああん……出ちゃいそうだから、ちょっと動きをゆっくりにして。お願い……!」

「いや、それ……小便じゃないだろ、多分。シーツは明日にでも洗濯するから、気にするな」

「ダメだってば! ああん……どうしよう! 我慢できない! 出ちゃうから、お願い……! 動きを止めて!」

「こんなとこで止められるかよ! 菜那美も気持ちいいんだろ? 心配せずに、そのまま出しちまえよ!」

 動きを緩めるどころか、さらに加速させていく陸翔。

 結合部からはズチャズチャと音が漏れ、こすれ合いの激しさを物語っている。

 菜那美はもはや我慢の限界まで来ており、こらえきれずに叫んだ。

「ああんっ……ダメ! 出ちゃうっ!!」

 シンボルを挟んだままの秘所から、ぴゅっと生温かい液体が飛び出し、陸翔のお腹に吹きかかった。

 顔を真っ赤にして狼狽する菜那美。

 両手で顔を覆いながら。

「ごめん! ごめんね! おしっこ出しちゃって……」

 しかし、陸翔は嫌がるどころか、むしろ喜んでいるようで、笑顔すら見せながら言う。

「気にするなって! それに、これは潮だろ。そっか、俺ので感じたんだな、菜那美。潮を吹くくらい、気持ちよかったのかぁ」

 ニコニコする陸翔の気持ちはあまり分からなかったが、とりあえず怒っている様子も見受けられないので、胸をなでおろした。

 だが、そうした弛緩も僅かな間のことで、すぐさま、すさまじいまでの陸翔の腰遣いにより、菜那美は高まっていく。

 菜那美のあえぎ声はとどまることを知らなかった。

「ああんっ! あああっ!」

「よし、俺も出すぞ!」

 顔を歪めながら陸翔が言う。

 二人がぶつかり合う音はますます激化の一途をたどり、菜那美の腰が浮き上がるほど激しい交合だった。

「いいよ! いっぱい中に出して! 陸翔の熱いのを注ぎ込んで!」

 幸せそうな表情で叫ぶ菜那美。

 決して気持ちよいからというだけでなく、愛しい陸翔に出してほしいという気持ちがあってこその表情だった。

 陸翔は全力で腰を動かしながら叫んだ。

「う! 出る!!」

 そして―――。